和歌山の美味フルーツで健康を提案します 和歌山県 四郷 もりもとや

柿いろいろ

柿を食べるときは?
サンプル
  1. お酒を飲んだ後などに
  2. 繊維質が豊富なので繊維質を摂りたい時に
  3. 柿は甘いのに余りカロリーが少ないので甘い物を食べたい時に
  1. 秋の味覚を楽しみたい時に
  2. 朝、お時間がないときのフルーツとして
  3. ビタミン類も豊富なのでビタミンを摂りたい時に
  4. お子様のおやつとして
  5. おじいちゃん・おばあちゃんへの贈答品としてもお喜びになられます。
柿の特徴
  1. 意外にも多いビタミンC
  2. 意外と低カロリー
  3. 食物繊維も豊富
  4. オレンジの色素に健康機能あり、β―クリプトキサンチン
柿を食べる習慣で期待される効果
柿に豊富に含まれる柿タンニンは、お酒を飲んだ時に出来るアセトアルデヒドと捕まえ排泄によって体から除去しその影響を軽減する効果があるとされています。
柿タンニンは高い抗酸化性を示し、人の健康増進に役立つ可能性が高いことが期待されています。
柿の効能
豊富に含まれる食物繊維により胃腸からのアルコール吸収を抑えることが期待できますし、水分や糖分ビタミンCやカリウムといったお酒を飲むことで失われやすい栄養分を補給することが出来ます。

柿は昔から二日酔いに効くと言われていましたが、この現象が柿タンニンによるものであることが島根大学解明されています。
柿のタンニン
柿のタンニンはポリフェノールの仲間でタンニンは、抗酸化・抗菌作用が有ります。
お茶のカテキンいちごやブルベリー・しそ、そばのルチン大豆のイソフラボンなど様々なポリフェノールが存在しますが柿の果実に含まれる柿タンニンは圧倒的に果実に含まれています。

このタンニン細胞は柿以外の植物にはほとんどないという大変珍しい存在です。